Infinite Flowers

by YOSHIO MACHIDA

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      ¥700 JPY  or more

     

  • Compact Disc (CD) + Digital Album

    thick hard cardboard cover

    Includes unlimited streaming of Infinite Flowers via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    ships out within 5 days

      ¥1,500 JPY or more 

     

1.
02:11
2.
03:10
3.
4.
5.
6.
05:40

about

"Floral but not florid." - The Wire
"Subtle improv music that sounds like nice ambient." - VITAL
"Steelpan electronics has come of age and landed in Tokyo!" - Igloo Magazine

Tropical electronica?
"Infinite Flowers" is the 3rd album of YOSHIO MACHIDA, a sound & visual artist, based in Tokyo. David Toop introduced Machida in his book that he started edited / computer music. But in this album, performance of Steel Pan is featured with his processing system by live electronics (MAX/MSP). The wonderful ecology, beauty and brightness of "flower" which is the theme of this album are expressed more than enough by electronics texture. It's really hybrid, including minimal rendition with mystic sound of steel pan and complicated rhythm by electric-processing. In a unique piece, "!Hana Mambo!" - means flower mambo - (tr2), humorous robot choir sings with rhythm and creats an exotic atmosphere. Electric symphony, Namaqua I, II, III, IV (tr3-6) means a special place in South African where many kinds of flowers bloom at the same time once In a year. in Poppy (tr09), atmosphere of beauty & dangerous aspect (opium) is expressed. As guest musicians, Fourcolor (12k, Plop) & Yasunaga (member of Minamo, 12k) played in it.

「エレクトロニクスと融合したスチールパン・ミュージックの進化系!!」
「Infinite Flowers」は、町田良夫の通算三作目となるアルバムです。スチールパンとコンピューター(Max/MSP)を中心に構成された本作は、前作「Hypernatural#2(2001, softl music)」の中で用いられていたゴング・サウンドの楽曲をさらに発展させた形になっており、町田が近年ヨーロッパツアーなどで試みているライブ演奏が主体となっています。変則チューニングされた自作スチールパンの美しくオーガニックな倍音やミニマルな奏法、Max/MSPのプロセッシングによる変調された複雑なリズムが、ハイブリッドな響きを奏でています。また、異色の楽曲「Hana Mambo!」では、ユーモアあふれるロボットコーラスがリズムにのって歌い、エキゾチックな雰囲気をかもし出しています。本アルバムのテーマである「花」の不思議な生態や美しさ、輝き、南アフリカの一年に一時だけすべての種類の花が咲く特異な場所、Namaqua(ナマクア)や、香りについての曲が、エレクトロニクスなテクスチャーとして十二分に表現されています。ギターでfourcolorこと杉本佳一(minamo、fonica)、エレクトロニクスの安永哲郎(minamo、voima)が参加。透明感あるエレクトロ・アコースティック・室内楽を展開 しています。

credits

released January 1, 2004

All composed by YOSHIO MACHIDA(ASCAP) / Recorded by YOSHIO MACHIDA @ smallaxe / YOSHIO MACHIDA: amorphone#2, steelpan, steel guitar, programming, live electronics(Max/MSP) / TETSURO YASUNAGA: electronics(03, 05, 06) / fourcolor (KEIICHI SUGIMOTO): guitar(01, 03, 06) / C 2003 YOSHIO MACHIDA P 2003 amorfon

町田良夫: Amorphone#2, スチールパン、スチールギター、ライブ・エレクトロニクス(Max/MSP) / 杉本佳一: ギター / 安永哲郎: エレクトロニクス

tags

license

all rights reserved

about

Amorfon Tokyo, Japan

Amorfon is a borderless/experimental music label founded by a Japanese composer / Steelpan player Yoshio Machida in 2004 in Tokyo. Our aim is cross cultural synergy.

アモルフォンは、2004年に美術家/音楽家、スティールパン奏者町田良夫が設立したボーダーレスな音楽レーベルです。"cross cultural synergy" (異文化間の相乗効果)をテーマに、実験音楽 - 音響系 - エレクトロニカ - ポストロック - ワールド - 現代音楽などのジャンルにまたがる、またはジャンルにあてはめることができないような音楽をフォーカスしています。
... more

contact / help

Contact Amorfon

Streaming and
Download help