Music from the SYNTHI 100

by Yoshio Machida + Constantin Papageorgiadis

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥700 JPY  or more

     

  • Compact Disc (CD) + Digital Album

    Pure electric works used by only SYNTHI 100 by a Japanese artist Yoshio Machida and a Belgian artist Constantin Papageorgiadis. So fay this monster analog modular synthesizer(over 2 meters) was used with some equipments for historic pieces/albums (Stockhausen, John Mcguire, Eduard Artemiev, Aphex Twin, etc). But this album is made by only SYNTHI 100, without any effects. In the 70s, Electronic Music Studios Ltd. (EMS) produced 31 and now only 10 were existed in the world. In 2017, it was exhibited at Documenta 14. For this album, the one owned by Gent University in Belgium was used. Machida released “Music from the SYNTHI AKS”(baskaru) in 2014. As the same that album, all tracks were recorded as improvisation without editing in this album. Papageorgiadis is an expert engineer for analog synth, especially for EMS synth. The one of Gent University was rebuilt by him. SYNTHI 100 has so many parameters (12 oscillators, 8 filters, etc.) and the signals can be patched freely on the matrix boards. It has own modules that another synths don’t have and the sound can be produced without keyboard. In this album, the function was used, without keyboard. 4 hands controlled and changed parameters in real time. Including a 12 pages booklet with text and pictures.

    町田良夫とベルギーのシンセguru=コンスタンタン・パパゲオルギアディスがEMS社 SYNTHI 100 のみを使って 作った純エレクトリック・アルバム。これまで SYNTHI 100が使用されたアルバム (シュトックハウゼン、ジョン・ マクガイヤー、エドゥアルド・アルテミエフ、Aphex Twin など)はあるが、SYNTHI 100のみで製作されたアル バムは世界初? 外部エフェクターなど一切使用されていない。70 年代 33 台だけ製作され、現存しているものは 10台程度の超レアな(横幅2m以上ある)巨大アナログ・モジュラー・シンセ。2017 年の現代美術展ドクメンタ14でも展示された。このアルバムは、ベルギーのゲント大学 (IPEM) 所有のものが使用された。町田は、2014 年 に仏のレーベル、Baskaru より同社のやはりレア・シンセ、SYNTHI AKS のみを使用して作ったアルバムをリリー スしている。このアルバムは、その続編。パパゲオルギアディスは、EMS社製シンセのメンテナンスのエキスパー トでもあり、ゲント大学にあるものも、彼の手によって復活。SYNTHI 100 は、12 のオシレーター、8つのフィルターを中心に相当数のパラメーターがあり、それらをマトリックスのパッチボード上で自由自在につなぎ合わせること ができる。また、SYNTHI 独特の機能がいくつかあり、鍵盤無しに音を自動発音することができる。本作では、(鍵盤を使わず)この機能を使って、4本の手でリアルタイムにパラメーターやパッチを変化させ、即興的に一発録音 された。外部エフェクターを通していない生の SYNTHI の音を堪能することができる。 アーティストによる解説、写真ブックレット付き。

    Includes unlimited streaming of Music from the SYNTHI 100 via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    ... more
    ships out within 4 days

      ¥1,500 JPY or more 

     

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.

about

Pure electric works used by only SYNTHI 100 by a Japanese artist Yoshio Machida and a Belgian artist Constantin Papageorgiadis. So fay this monster analog modular synthesizer(over 2 meters) was used with some equipments for historic pieces/albums (Stockhausen, John Mcguire, Eduard Artemiev, Aphex Twin, etc). But this album is made by only SYNTHI 100, without any effects. In the 70s, Electronic Music Studios Ltd. (EMS) produced 31 and now only 10 were existed in the world. In 2017, it was exhibited at Documenta 14. For this album, the one owned by Gent University in Belgium was used. Machida released “Music from the SYNTHI AKS”(baskaru) in 2014. As the same that album, all tracks were recorded as improvisation without editing in this album. Papageorgiadis is an expert engineer for analog synth, especially for EMS synth. The one of Gent University was rebuilt by him. SYNTHI 100 has so many parameters (12 oscillators, 8 filters, etc.) and the signals can be patched freely on the matrix boards. It has own modules that another synths don’t have and the sound can be produced without keyboard. In this album, the function was used, without keyboard. 4 hands controlled and changed parameters in real time. Including a 12 pages booklet with text and pictures.

町田良夫とベルギーのシンセguru=コンスタンタン・パパゲオルギアディスがEMS社 SYNTHI 100 のみを使って 作った純エレクトリック・アルバム。これまで SYNTHI 100が使用されたアルバム (シュトックハウゼン、ジョン・ マクガイヤー、エドゥアルド・アルテミエフ、Aphex Twin など)はあるが、SYNTHI 100のみで製作されたアル バムは世界初? 外部エフェクターなど一切使用されていない。70 年代 33 台だけ製作され、現存しているものは 10台程度の超レアな(横幅2m以上ある)巨大アナログ・モジュラー・シンセ。2017 年の現代美術展ドクメンタ14でも展示された。このアルバムは、ベルギーのゲント大学 (IPEM) 所有のものが使用された。町田は、2014 年 に仏のレーベル、Baskaru より同社のやはりレア・シンセ、SYNTHI AKS のみを使用して作ったアルバムをリリー スしている。このアルバムは、その続編。パパゲオルギアディスは、EMS社製シンセのメンテナンスのエキスパー トでもあり、ゲント大学にあるものも、彼の手によって復活。SYNTHI 100 は、12 のオシレーター、8つのフィルターを中心に相当数のパラメーターがあり、それらをマトリックスのパッチボード上で自由自在につなぎ合わせること ができる。また、SYNTHI 独特の機能がいくつかあり、鍵盤無しに音を自動発音することができる。本作では、(鍵盤を使わず)この機能を使って、4本の手でリアルタイムにパラメーターやパッチを変化させ、即興的に一発録音 された。外部エフェクターを通していない生の SYNTHI の音を堪能することができる。 アーティストによる解説、写真ブックレット付き。

credits

released November 12, 2017

All composed by Yoshio Machida + Constantin Papageorgiadis
Recorded in IPEM (Institute for Psychoacoustics and Electronic Music) in Gent, Belgium in Nov. 2015
CP 2017 Yoshio Machida + Constantin Papageorgiadis

license

all rights reserved

tags

about

Amorfon Tokyo, Japan

Amorfon is a borderless/experimental music label founded by a Japanese composer / Steelpan player Yoshio Machida in 2004 in Tokyo. Our aim is cross cultural synergy.

アモルフォンは、2004年に美術家/音楽家、スティールパン奏者町田良夫が設立したボーダーレスな音楽レーベルです。"cross cultural synergy" (異文化間の相乗効果)をテーマに、実験音楽 - 音響系 - エレクトロニカ - ポストロック - ワールド - 現代音楽などのジャンルにまたがる、またはジャンルにあてはめることができないような音楽をフォーカスしています。
... more

contact / help

Contact Amorfon

Streaming and
Download help

If you like Music from the SYNTHI 100, you may also like: