Naada

by YOSHIO MACHIDA

/
  • Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

     ¥700 JPY  or more

     

  • Compact Disc (CD)

    thick hard cardboard cover

    Includes unlimited streaming of Naada via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    ships out within 5 days

     ¥1,500 JPY or more

     

1.
2.
05:21
3.
06:58
4.
05:45
5.
06:26

about

"Light and reflective... perfect for moments of cleansing and contemplation." - brainwashed

"In a word, wow! Without question, one of my favorite records this year." - The Other Music

Yoshio Machida is a Tokyo based transboundary sound & visual artist. For his 4th CD, he presents his first-ever set of "acoustic" improvisations using Steel Pans with no electronic processing. Steel Pan's mystic tone which was born in Trinidad and Tobago, a country in the southern Caribbean Sea can be often listened in the latin covered pieces. But this was made from a different perspective. As you could know the process that he changed to use the instrument, gong which was used in his sound collage work based on field-recording to Steel Pan, the impression of this album is like ambient, minimal music or traditional indian music which he inspired.
The music on this album is unlike fugue, gamelan or Tintinnabulation proposed by Arvo Part. It features over-dubbed minimal improvised phrases that create unique random delay like effects, somewhat reminiscent of wind bell sounds. And there is a piece inspired by the milestone of Minimalism, Erik Satie's Vexations, and also a strangely wonderful drone piece created solely from Steel Pan rolls. Like his previous album, the theme of the album is flowers, and the clear sounds of the Steel Pan are sure to treat you with an ambient, meditative and relaxing listening experience.

「スチールパンの新しい旅。」 細野晴臣(ソトコト06年7月号)
「ドリーミーな傑作。」 松山晋也(CDジャーナル06年7月号)

近年、ISEA2004、MaerzMusikフェスティバル参加と活動の幅を広げてきた、町田良夫の四作目は、スチールパンによるフル・アコースティック・アルバム。カリブ海の西インド諸島南部、トリニダート&トバコで生まれた、この不思議な音色の楽器は、ラテン系音楽やカバー曲集で耳にすることが多い。しかし、このアルバムは、まったく異なる、彼独自の視点から作られている。フィールド・レコーディングをベースとした彼の音響コラージュ作品の中で使用されていた銅鑼(ゴング)からスチールパンに至ったその過程からもわかるように、その曲調は、アンビエント、ミニマル・ミュージック、または彼が即興演奏のヒントとしたインド伝統音楽に近い。同じミニマリズムでも、フーガに代表されるシステマティックな西洋音楽、ガムランやアフリカの民族音楽、アルボ・ペルトが提唱したティンティナブリや70年代以降のミニマリズムとも異なるおもむきのこの作品では、オーバーダビングされたミニマルな即興フレーズが、ディレイ効果とも、風に吹かれて鳴るベルとも言えるような独特の効果を醸し出している。また、ミニマリズムの金字塔、エリック・サティのVexationsのメロディーにインスパイアされた曲や、不思議な倍音が混ざり合うスティールパンのロール奏法だけで組み立てられた曲なども収録。前作同様、花をテーマに、スチールパンの透明感ある響きが瞑想的で、リラックスした音響作品に仕上がっている。

credits

released July 2, 2006

Yoshio Machida: Steelpans

tags

license

all rights reserved

about

Amorfon Tokyo, Japan

Amorfon is a borderless/experimental music label founded by a Japanese composer / Steelpan player Yoshio Machida in 2004 in Tokyo. Our aim is cross cultural synergy.

アモルフォンは、2004年に美術家/音楽家、スティールパン奏者町田良夫が設立したボーダーレスな音楽レーベルです。"cross cultural synergy" (異文化間の相乗効果)をテーマに、実験音楽 - 音響系 - エレクトロニカ - ポストロック - ワールド - 現代音楽などのジャンルにまたがる、またはジャンルにあてはめることができないような音楽をフォーカスしています。
... more

contact / help

Contact Amorfon

Streaming and
Download help