Live in Solitude

by HORKESKART

/
  • Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

     ¥700 JPY  or more

     

  • Compact Disc (CD)

    thick hard cardboard cover

    Includes unlimited streaming of Live in Solitude via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    ships out within 5 days

     ¥1,500 JPY or more

     

1.
01:56
2.
3.
4.
5.
03:50
6.
7.
01:26
8.
9.
10.
02:34
11.
02:28
12.
13.
14.
02:26
15.
01:40
16.
03:08
17.
18.
01:55
19.

about

"The tracks comprise charming melodic tunes from around the world" - The Korean Times

"The wheat is ripe. "Live is Solitude" is a bountiful harvest." - Gaz-Eta.

"HORKESKART" acted as a conceptual & unique group from 2000 to 2006, based in Belgrade.
In the autumn of the year 2000, new amateur choir & orchestra group was formed for the presentation of talented art and design group SKART's project named "YOUR SHIT - YOUR RESPONSIBILITY". The project had purpose of raising the level of public consciousness and personal responsibility by means of contemporary art and music. Informed by Radio B92 announcement, all who came to audition were accepted, their gift for music not being checked. During their first performance at The Center For Cultural Decontamination (CZKD) in Belgrade, they had to perform three times due to the long standing ovations of the present crowd. That was how "HORKESKART" (choir + orchestra + skart, in Serbian) was born.

Before long, they evolved into an unparalleled punk band that has 45 singers. But soon after releasing this album, unfortunately "HORKESKART" collapsed because of conflict inside and SKART & some talented members left. SKART said that "Changing and even erasing past is very usual in Serbia". This album mainly consists of conceptual program recorded at Akademie Schloss Solitude in Stuttgart during the German Tour in 2005. It's an impressive live recording in the most active period of the group.

The group's repertoire ranges from some "revolution" & "reconstruction" songs of the 40s and 50s Yugoslavia, mostly erased from the national radio archive, to scored poetry, chansons, punk songs and covers (Kraftwerk-"Antenna", Brassens-"Brave Margot"). So far they have gigged in a variety of places: orphanages, streets, refugee camps, rural elementary schools, but also in the Museum of Contemporary Arts in Belgrade and on the "Ring-Ring" festival of modern music. With their Croatian Tour in 2001, HORKESKART had been the first group of 50 people that officially crossed (with Belgrade license plates) the border between Serbia and Croatia since 1991 (the beginning of war), and performed in Zagreb as well as in Hum (a.k.a. "the smallest town in the world" - population: 17). In June 2006, they performed a hardcore piece NAZAD! (Rewind!) in front of the Belgrade University, the Serbian Academy of Arts and Sciences, the Orthodox Church Patriarchy Building, the Supreme Court and the Government of Serbia, to point to the harmful institutions that initiate or do not fight against retrograde movements in Serbia.

2000年から2006年まで6年間、ベオグラード(セルビア=旧ユーゴスラビア)を中心にユニークでコンセプチャルな活動を続けたホルケシュカルツ。2000年秋、現代美術集団、SKART(シュカルツ)のプロジェクト「あなたの糞―あなたの責任」(アートと音楽を通して、公共意識や個人責任の意識を向上させる目的があった。)のために、新しいアマチュアの合唱団+オーケストラが結成された。ラジオ局B92が放送したメンバー募集を聞いて、人々がオーディションに集まったのだが、音楽的なテストなしにすべてメンバーに迎え入れられた。そして、ベオグラード文化浄化センター(CZKD)で行われた初演、鳴り止まない拍手喝采のため彼らは三回も演奏することとなる。ホルケシュカルツ(HORKESKART―コーラス+オーケストラ+シュカルツの意味)は、こうして誕生した。

その後、彼らは、45人からなる合唱団+パンクバンドという唯一無二の編成に進化していった。しかし、残念なことに、2006年このアルバムをリリース後、グループ内部紛争と、シュカルツ&才能あるメンバーが脱退し、事実上グループも崩壊した。シュカルツの一人はこう語る「変化や過去の消去でさえ、セルビアではとても日常的だ」。このアルバムは、2005年のドイツ・ツアーの際、シュトゥトガルトのアカデミー・シュロス・ソリトュードにて収録されたコンセプチャルなプログラムを主に含んでいる。ホルケシュカルツの一番脂ののったころの録音で、ある集団コミュニティーが一致団結し、力を発揮したときの記録だ。

彼らのレパートリーは旧ユーゴ共産党政権下(40―50年代)の「革命」歌から、楽曲化された詩、シャンソン、パンク、クラフトワーク(アンテナ)やブラッサンス(勇敢なマルゴ)のカバーにまで及んだ。彼らは、児童養護施設、難民キャンプ、路上、田舎の小学校から現代美術館「Ring-Ring」音楽祭まで、様々な場所で演奏してきた。2001年のクロアチア・ツアーの際、彼らは、バルカン紛争初期の1991年以来、セルビア・クロアチア間の国境を50人以上の集団で正式に渡った初の団体となった。首都ザグレブで演奏をしたが、人口17人の世界一小さな町として知られるHumでも演奏をした。2006年6月には、ベオグラード大学、セルビア芸術科学アカデミー、セルビア総主教会、最高裁判所、セルビア政府の前で近年の逆行現象に対して何もしない、またはそれを支持する各機関に対して注意を促すためハードコア曲の「NAZAD!(逆行せよ)」を演奏した。

credits

released October 8, 2006

tags

license

all rights reserved

about

Amorfon Tokyo, Japan

Amorfon is a borderless/experimental music label founded by a Japanese composer / Steelpan player Yoshio Machida in 2004 in Tokyo. Our aim is cross cultural synergy.

アモルフォンは、2004年に美術家/音楽家、スティールパン奏者町田良夫が設立したボーダーレスな音楽レーベルです。"cross cultural synergy" (異文化間の相乗効果)をテーマに、実験音楽 - 音響系 - エレクトロニカ - ポストロック - ワールド - 現代音楽などのジャンルにまたがる、またはジャンルにあてはめることができないような音楽をフォーカスしています。
... more

contact / help

Contact Amorfon

Streaming and
Download help