Bourgeois Magnetic

by GENE BOWEN & HAROLD BUDD

supported by
/
  • Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

     ¥500 JPY  or more

     

  • Compact Disc (CD)

    thick hard cardboard cover

    Includes unlimited streaming of Bourgeois Magnetic via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    ships out within 5 days

     ¥1,000 JPY or more

     

1.
01:54
2.
3.
4.
5.
03:01

about

"Wow! It's a beautiful album... wonderful innocence." - Harold Budd

Gene Bowen (a.k.a. Eugene Bowen) is a singer/songwriter based in California. He was working with Harold Budd, James Tenney, Daniel Lentz, Wolfgang Stoerchle and John Baldessari at California Institute of the Arts in the 70s. He plays guitar, keyboards, synthesizers and sings. He has contributed to Harold Budd's recordings in one of the landmark albums of the ambient style, Ambient 2: The Plateaux of Mirror (EG / 1980 with Brian Eno), The Serpent (In Quicksilver) (Cantil / 1981), Abandoned Cities (Cantil / 1984), etc. Recently he collaborated with John Densmore -the drummer of The Doors- at Hen House Studios.

"Bourgeois Magnetic", originally released under the name Eugene Bowen, was a 12-inch 45 rpm record, and the second release on Budd and Bowen's own label Cantil Records back in 1981. It's the only album that has never been reissued in albums Budd is involved. This album is influneced from composite art like Dada and Fluxus, including some references from movie, art culture and poetry. Budd's beautiful piano (tr1, tr3, tr5), filtered synth work (tr2) and groovy song with Berimbau (tr4) in one album. Although the music is firmly in the tradition of the early Ambient movement, its originality and freshness have not diminished over the years. A hidden gem.

「あぁ、なんて美しいアルバム・・・すばらしく純真。」 - ハロルド・バッド

ジーン・ボーウェンは、カリフォルニアのsinger/songwriterで、ハロルド・バッド、ダニエル・レンツ、ジェームズ・テニー、ジョン・ボールデサリーといった70年代から西海岸で活躍してきたアーティストと共に活動してきた。ダダやフルクサス、民族音楽から影響を受け、カリフォルニア・インスティテュート・オブ・アートを拠点に、特にハロルド・バッドと共に様々なプロジェクトに関わり、バッドとメキシコで初めて電子音楽のコンサートなども開いた。
アンビエントの名作、ブライアン・イーノとハロルド・バッドの「Ambient #2: The Plateaux of Mirror」では、録音や作曲で大いに関わっていて、バッドのその他のソロアルバム、「Serpent (In Quicksilver)」「Abandaned Cities」、Sub Rosaからリリースされたコンピでも参加。94年には、ソロアルバム「The Vermilion Sea 」をリリース。近年は、The Doorsのドラマー、ジョン・デンスモアと仕事をしている。
'81年にリリースされたこのアルバムは、オリジナルは45回転/12inchのミニアルバムで、バッドとボーウェンの自主レーベル、Cantil Recordsからの2枚目の作品 (1枚目は、バッドの「Serpent (In Quicksilver)」、3枚目は、バッドの「Abandoned Cities」) である。(オリジナルは、「Eugene Bowen」の名義だった。)バッドの関わっているアルバムの中で唯一、復刻されていなかった幻の名盤だ。
このアルバムは、バッドらしいシンプルで美しいピアノがフィーチャーされており(track1、track3、track5)、乾いた砂のようなシンセのアンビエント曲(track2)と、ビリンバウが特徴的なグルーブ感あふれる歌モノ(track4)とどれも個性的。環境音楽ムーヴメントが起こった初期の作品だけあって、そのオリジナリティーや新鮮さは時代を超えてもまったく色褪せていない。

credits

released October 7, 2007

tags

license

all rights reserved

about

Amorfon Tokyo, Japan

Amorfon is a borderless/experimental music label founded by a Japanese composer / Steelpan player Yoshio Machida in 2004 in Tokyo. Our aim is cross cultural synergy.

アモルフォンは、2004年に美術家/音楽家、スティールパン奏者町田良夫が設立したボーダーレスな音楽レーベルです。"cross cultural synergy" (異文化間の相乗効果)をテーマに、実験音楽 - 音響系 - エレクトロニカ - ポストロック - ワールド - 現代音楽などのジャンルにまたがる、またはジャンルにあてはめることができないような音楽をフォーカスしています。
... more

contact / help

Contact Amorfon

Streaming and
Download help